歯医者さんが推奨するブラッシングとは

歯医者さんが勧める歯磨き方法とは

口腔内の環境を清潔にする重要性

歯周病や虫歯は、口の中に存在する細菌が原因です。 口の中の細菌には、腸内細菌と同様、善玉菌と悪玉菌が存在します。 悪玉菌が優勢になると、歯周病や虫歯を引き起こし、口腔内の健康が阻害されてしまうのです。 歯周病や虫歯の原因菌は、口の中の神経や血管に入り込み、全身へと運ばれてしまいます。

自分に合った方法を確認する

歯並びや歯の形など、口の中の状態は人それぞれです。 虫歯や歯周病の原因となる細菌が集まり、どんどん増えてしまう環境を提供してしまう歯垢をきれいに除去するためには、まずはご自分の歯の状態を確認しましょう。 歯垢がたまりやすく、除去しにくい場所はどこなのか、チェックしていきます。

歯ブラシだけでは不十分

デンタルケアといえば、歯ブラシを使った歯磨きが一般的です。 日本人の半数は歯ブラシだけで十分と考えているそうです。 でも、歯ブラシだけでは不十分であると、歯医者さんたちは警鐘を鳴らしています。 歯ブラシで落とせる歯垢はなんと、6割程度だというのです。

歯周病や虫歯の原因

20~60代の日本人はその9割が虫歯を経験しています。
また、歯周病においては成人の約8割が悩まされていると言われています。
歯周病と虫歯。
この2つの病気が、歯を失う原因の第1位、2位なんです。
1本程度であれば、支障はないように思われますが、歯並びや咬み合わせへの影響が生じ、物を「咬む」ということが難しくなったり、咬めなくなってしまうということが起こることもあるんです。
そして食事を楽しめ無くなるだけでなく、顎を動かすことが少なくなることは、脳への刺激が少なくなり、痴呆症の発症を早めてしまうという可能性も高くなるというのです。

また、歯周病や虫歯の原因となる細菌は、炎症を起こす特徴を持っており、口腔内の血管に侵入すると、血流にのり、全身の大切な臓器で様々な影響を及ぼすこともあります。
心臓に近い血管内で炎症や血栓が作られると、感染性心内膜炎や心筋梗塞を引き起こしたり、脳の血管で同様のことが起こると、脳梗塞を起こすこともあります。
そして、細菌の研究では、歯周病と糖尿病の関係についても明らかになっています。
重篤化すると失明したり、手足に壊死が起こり切断したりすることがあるという糖尿病は、インスリンの働きにより体内に取り込むはずのグルコース(血糖)が血液中にあふれだしてしまい、高血糖という状態が続くことで起こります。
歯周病が悪化すると、糖の分解に支障が出てきてしまい、糖尿病を悪化させ、また、糖尿病の患者さんには歯周病を併発する可能性が高まるという相互関係があるんです。
口腔内の健康は様々な病気に影響します。
日頃から口の中を衛生的にしておくのはとても大切なことなんです。

おすすめリンク

駅からすぐの堺市の歯科

駅チカで便利!忙しくてもきちんと通い続けられる堺エリアの歯科医院をまとめてご紹介!